英語の文法−同格

英語の文法−オンライン講座

英語の文法−同格

ここでは、同格表現の基礎と応用、同格の慣用表現について解説します。

まず、同格を用いた表現の基礎について解説していきます。

同格を表す形はas 〜 as … で、意味は「…と同じくらい〜」となります。例えば、「武は、健と同じくらい背が高い。」という文は以下のようになります。

Takeshi is as tall as Ken.

まず、以下の「武は、背が高い。」という文をベースに同格を表すas 〜 asで形容詞tallを挟みます。

Takeshi is as tall as

そして、2つ目のasの後ろに比較している対象であるKenを置けば、Takeshi is as tall as Ken.という同格を表す文になります。

同格を表すas 〜 asの〜の部分に置かれる形容詞や副詞は必ず原形です。

次に、副詞を用いた同格の文を作ってみましょう。

I can run fast. 「私は、速く走ることができる。」

fast「速く」は、動詞runを修飾している副詞です。

そして、彼も同じくらい速く走ることができるとして、「私は、彼と同じくらい速く走ることができる。」という文を考えてみます。

速さが同じなのでfastをas 〜 asで挟み、比較対照の彼(he)を2つ目のasの後ろに置いて以下のようになります。

I can run as fast as he.

次に、同格の否定を表すnot as 〜 as … について解説します。同格の否定not as 〜 as … の意味は、「…ほど〜でない」となります。

先ほどの、Takeshi is as tall as Ken.という文を否定に書き換えてみましょう。否定文は、be動詞isの後ろにnotを付けて以下のようになります。

Takeshi is not as tall as Ken.

この文を直訳すると、「タケシは、ケンと同じくらい背が高くない。」となりますが、日本語的に不自然なため「タケシは、ケンほど背が高くない。」と訳します。

もう1つ、副詞を用いた同格の否定文をみてみましょう。

I can run as fast as he. 「私は、彼と同じくらい速く走ることができる。」

この文の否定文は、canの後ろにnotを付けて以下のようになります。

I can not run as fast as he. 「私は、彼と同ほど速く走ることはできない。」

最後に、同格の倍数表現について解説します。

同格のas 〜 asの前に倍数を表すtwice「2倍」やhalf「半分」を付けたtwice(half) as 〜 as … という形は、「…の2倍(半分)〜」という意味になります。

以下の文をみてみましょう。

This box is twice as large as that box. 「この箱は、あの箱の2倍大きい。」

同格のas 〜 asの前にtwice「2倍」を置くことで、「同じくらい」ではなく「2倍大きい」ということを表せます。

そして、この同格の文のように同じ言葉(box)が繰り返される場合は、通常2つ目の単語をoneに置き換えます。

This box is twice as large as that one.

英語は、同じ言葉の繰り返しを嫌うためにこのような置き換えをします。

以下のように、3倍以上は数にtimes「倍」、半分はhalfを同格のas 〜 asの前に置きます。

This box is three times as big as that one.
「この箱は、あの箱の3倍大きい。」

The population of this city is half as large as that of that city.
「この都市の人口は、あの都市の人口の半分です。」

人口を比較する時はlargeを用います。また、the populationの繰り返しを避けるためにこの場合はthatを用います。

〜 of … の〜の部分に置かれる単語の繰り返しを避けるために、単数の場合はthat、複数の場合はthoseを用います。

同格表現で何と何を比べているのか?について解説します。これは、同格や比較の文を作る時に私達日本人が混乱しやすい部分です。

それは、同格は形容詞や副詞の原級をas asではさむと覚えており、何と何を比較しているのかについては深く考える習慣が身に付いていないからです。

同格や比較の文を作る時には、「何」と「何」を比べているかをしっかり考えないと正しい文章を作ることができないことがよくあります。

ここで、「彼は、私と同じ位多くの本を持っています。」という文を考えてみます。

この場合、同格はas asで挟むと覚えているとHe has boods as many as I haveという文を作ってしまうことがよくあります。実は、この文では間違いなのです。

この文は、以下の2つの事柄を比べています。

He has many books. 「彼は、多くの本を持っています。」
I have many books. 「私は、多くの本を持っています。」

そして、この2つの事柄を1つの文中で比べるため、同格で繋ぐ場合に接続詞的な役割を果たすasを用いて以下のようになります。

He has many books as I have many books.

この後がポイントです。「本の多さ」を比べて同じ位と言いたい訳ですから、以下のようにmanyの前に同格を表すasを置きます。

He has as many books as I have many books.
「彼は、私が多くの本を持っているのと同じ位多くの本を持っています。」

そして、I haveの後ろのmany booksの部分は同じ語の繰り返しとなるので省略され以下のようになります。

He has as many books as I have.
「彼は、私同じ位多くの本を持っています。」

この場合、haveはhasの変形なので同じと考え以下のように書くこともあります。

He has as many books as I.

ただ、これだと「彼が持っている量(He has)」と「私(I)」を比べている感じになってしまうのでhaveは残しておいた方がよいと思います。

もう1つ、「彼女は、彼女の姉と同じ位美しい。」という同格の文を考えてみます。

この文は、以下の2つの事柄を比べています。

She is a beautiful woman. 「彼女は、美しい女性です。」
Her sister is a beautiful woman. 「彼女姉は、美しい女性です。」

そして、この2つの事柄を比べるため、asを用いて以下のようになります。

She is a beautiful woman as her sister is a beautiful woman.

この場合、「美しい」度合いを比べて同じということを表しているので、同格を表すasをbeautifulの前に置いて英文は以下のようになります。

She is a as beautiful woman as her sister is a beautiful woman.

同格を表すasを置く位置に気をつけましょう。ここで、a(1人の)はwomanに付いているものなのでwomanの前に移動し、文は以下のようになります。

She is as beautiful a woman as her sister is a beautiful woman.
「彼女は、彼女の姉が美しい女性であるのと同じ位美しい女性です。」

最後に、同じ言葉の繰り返しは避けるためis a beautiful womanの部分を消し、完成した文は以下のような文になります。

She is as beautiful a woman as her sister.
「彼女は、彼女の姉と同じ位美しい女性です。」

最後に、同格の慣用表現について解説します。

慣用表現は熟語のようなものです。以下に例文を用いて解説していくので、形と意味を暗記しておきましょう。

1.as 〜 as one can 「できるだけ〜」 (= as 〜 as possible)

Run as fast as you can. 「できるだけ速く走りなさい。」

oneの部分は誰がするかで変わります。この文は命令文で、走るのはあなたなのでyou canとなります。

He ran as fast as he could. 「彼は、できるだけ速く走りました。」

この文では走るのは彼なのでoneの部分はheとなり、過去のことなのでcanはcouldと過去形になります。

one canの部分はpossible一語に置き換えることができ、上の2つの文は以下のように書くこともできます。

Run as fast as possible.

He ran as fast as possible.

possibleを用いる時は、人称や時制を気にする必要はありません。

2.〜 as well as … 「…と同様に〜」 (= not only … but also 〜)

I like cats as well as dogs. 「私は、犬と同様に(と同じように)猫も好きです。」

この文は、not only … but also 〜 「…だけでなく〜も(…と同様に〜も)」を用いて以下のように書き換えることができます。

I like not only dogs, but also cats. 「私は、犬だけでなく猫も好きです。」

この文は、「私は、犬と同様に猫も好きです。」と訳すこともできます。

3.not so much B as A 「BというよりむしろA」 (= A rather than B)

He is not so much a writer as a pianist.
「彼は、作家というよりむしろピアニストです。」

この文は、A rather than B を用いて以下のように書き換えることができます。

He is a pianist rather than a writer. ※これは、比較の慣用表現です。

英語の文法−オンライン講座
英語の文法−オンライン講座

英語の文法−オンライン講座ホーム | サイトマップ